NO IMAGE

海外fx業者考察|チャートの動向を分析して…。

海外FXに取り組む上で、日本国以外の通貨を日本円でロングますと、金利差に応じてスワップポイントが付与されますが、高金利の通貨で低い通貨を買う場合、当然ながらスワップポイントを払う必要が出てきます。海外FX会社を比較するという場面で大切なのは、取引条件でしょう。一社毎に「スワップ金利」を始めとした諸条件が異なっているわけなので、ご自分のトレードスタイルに合致する海外FX会社を、比較の上選びましょう。スワップポイントと申しますのは、ポジションを維持した日数分付与してもらえます。毎日決められている時間にポジションを保持した状態だと、その時点でスワップポイントが付与されることになります。利益を出すため...

NO IMAGE

海外fx業者考察|スプレッドと申しますのは…。

メタトレーダー自動売買というものは、そのソフトウェアとそれを正確に稼働させるPCが普通の人が購入できる価格ではなかった為、ひと昔前までは一定の金に余裕のあるトレーダーだけが行なっていたのです。海外FX海外口座開設を完了しておけば、本当に海外FX売買をすることがなくてもチャートなどを見ることができるので、「差し当たり海外FXの勉強を始めたい」などと考えていらっしゃる方も、開設した方が良いでしょう。「連日チャートを目にすることはできない」、「大切な経済指標などを適切適宜見れない」というような方でも、スイングトレードを行なうことにすれば十分対応できます。デモトレードを有効利用するのは、主として海外F...

NO IMAGE

海外fx業者考察|レバレッジというのは…。

トレードの考え方として、「値が決まった方向に動く最小時間内に、少額でもいいから利益をきちんと稼ごう」というのがスキャルピングというトレード法になるわけです。レバレッジというのは、納入した証拠金を元手に、最大でその額面の25倍の取り引きが許されるというシステムのことを指します。例えて言いますと、50万円の証拠金でもって20倍のレバレッジをかけるということにすると、1000万円もの「ショートロング」が可能です。ロングとショートの2つのポジションを同時に保持すると、円高・円安のどちらに変動しても収益を狙うことが可能ですが、リスク管理のことを考えると、2倍心配りをすることが必要でしょう。MT4と言われ...

NO IMAGE

デイトレードと言われるのは…。

現実には、本番トレード環境とデモトレード環境を比べますと、本番トレード環境の方が「それぞれのトレードあたり1ピップス程利益が減少する」と想定していた方が間違いないでしょう。レバレッジと言いますのは、納入した証拠金を元手に、最高でその額の25倍の「ショート・ロング」が許されるというシステムのことを指します。1つの例を挙げますと、50万円の証拠金でもって20倍のレバレッジをかけたとしますと、1000万円相当の取り引きができるのです。MT4は現在一番多くの方に有効利用されている海外FX自動売買ツールだということで、自動売買プログラムのタイプが諸々提供されているのも特徴だと思っています。海外FXに関し...

NO IMAGE

デイトレードというものは…。

スキャルピングのメソッドはいろいろありますが、いずれにしてもファンダメンタルズのことは無視して、テクニカル指標のみを活用しているのです。テクニカル分析とは、相場の変遷をチャートで表わし、更にはそのチャートを基に、これからの為替の値動きを予想するという方法です。これは、いつ取引したらいいかを認識する際に役に立ちます。同じ1円の値幅でありましても、レバレッジが1倍の場合は1万円の損益ということになりますが、10倍の場合は10万円の損益ということになります。わかりやすく言うと「レバレッジで高リターンを狙えば狙うほどリスクも高くなる」と言えるのです。為替の動きを類推する為に必要なのが、ファンダメンタル...