2019年10月FX投稿一覧

NO IMAGE

海外FX事情|初回入金額と言いますのは…。

スイングトレードと申しますのは、トレードを行なうその日のトレンドが結果を左右する短期売買とは全く異なり、「以前から為替がどの様な値動きをしてきたか?」といった分析が結果に結び付くトレード法なのです。スワップポイントというのは、「金利の差額」だと説明されますが、本当に付与されるスワップポイントは、FX会社の収益とも言える手数料が差し引かれた金額になります。申し込みを行なう場合は、FX会社の公式WebサイトのTitanFXアカウント開設ページを通じて15~20分前後でできるようになっています。申込フォームへの入力が終了したら、必要書類を郵送とかメールなどを使って送付し審査をしてもらうわけです。「デ...

NO IMAGE

海外FX事情|MT4をパーソナルコンピューターにセットして…。

トレンドが一方向に動きやすい時間帯を認識して、その波にとって売買をするというのがトレードを進める上での最も大切な考え方です。デイトレードは当たり前として、「落ち着く」「トレンドが強い時だけ売買する」というのは、どんなトレード法であろうとも本当に大事になってくるはずです。MT4で利用できる自動トレードソフト(EA)の考案者は全世界に存在していて、本当の運用状況もしくは評定などを踏まえて、最新の自動売買ソフトを提供しようと競い合っています。「売り・買い」については、全部機械的に進行するシステムトレードではありますが、システムの最適化は常日頃から行なうことが必要で、そのためには相場観を持つことが絶対...

NO IMAGE

海外FX事情|テクニカル分析と言われるのは…。

FXにトライするために、差し当たりFX口座開設をやってしまおうと考えても、「何をしたら口座開設ができるのか?」、「どんな会社を選択したらいいのか?」などと迷ってしまう人は少なくありません。この頃は、どのFX会社も売買手数料が無しということになっていますが、別途スプレッドがあり、それが実質的なFX会社の収益になるのです。スイングトレードで利益を出すためには、それなりのやり方があるのですが、当然スイングトレードの基本を把握した上での話なのです。一先ずスイングトレードの基本を身に付けることが大切です。こちらのサイトでは、手数料だったりスプレッドなどを足した合計コストにてFX会社を比較した一覧表を確か...

NO IMAGE

海外FX事情|トレードを行なう日の中で…。

申し込みにつきましては、業者が開設している専用HPのgemforexアカウント開設ページを利用したら、15~20分ほどの時間で完了すると思います。申し込みフォームへの入力終了後、必要書類を郵送などで送付し審査結果を待つという手順になります。スプレッドと言われる“手数料”は、その他の金融商品と比べると破格の安さです。実際のところ、株式投資だと100万円以上の取り引きをしますと、1000円程は売買手数料を徴収されます。MT4というのは、プレステとかファミコンなどの器具と同様で、本体にプログラムされたソフトを差し込むことにより、ようやくFX取引をスタートさせることが可能になるというものです。FXをや...

NO IMAGE

海外FX事情|売買する時の価格に差をつけるスプレッドは…。

FX会社の口座に入る収益はスプレッドから生み出されるわけですが、例えて言えばカナダドルと日本円の取り引きの場合、FX会社はユーザーに向けて、その通貨の買いと売りの為替レートを適用することになります。「忙しいので昼間にチャートを確認するなどということはできない」、「為替に影響を齎す経済指標などをタイミングよく見ることができない」というような方でも、スイングトレードのやり方ならそんな必要がありません。スキャルピングというのは、短い時間軸の値動きを利用して取引しますので、値動きがはっきりしていることと、「売り・買い」の回数がかなり多くなりますから、取引を行なう際のコストが少ない通貨ペアを扱うことが大...