海外FX事情FX投稿一覧

NO IMAGE

海外FX事情|スワップポイントと呼ばれているものは…。

FXにおけるトレードは、「ポジションを建てる&決済する」の繰り返しだと言うことができます。非常に単純な作業のように思われるかもしれませんが、ポジションを建てるタイミング又は決済を実施するタイミングは、とても難しいと思うでしょうね。売り値と買い値に一定の差を設けるスプレッドは、FX会社のみならず銀行においても違う名称で導入しているのです。しかもびっくりすることに、その手数料というのがFX会社の200倍前後というところが結構存在します。僅か1円の変動であっても、レバレッジが1倍ならば1万円の損益になるわけですが、10倍の場合は10万円の損益なのです。言ってみれば「レバレッジを欲張るほどリスクも高ま...

NO IMAGE

海外FX事情|「デモトレードを行なって利益が出た」と言っても…。

テクニカル分析の手法という意味では、大きく分けて2通りあります。チャートに表示された内容を「人が分析する」というものと、「PCが機械的に分析する」というものです。トレードの進め方として、「為替が一つの方向に動く時間帯に、幾らかでも利益を絶対にあげよう」というのがスキャルピングというトレード法となります。MT4というのは、ロシアで開発されたFXトレーディング専用ツールなのです。フリーにて使用することができ、その上多機能搭載ですので、このところFXトレーダーからの関心度も非常に高いと言われています。スプレッドというものは、FX会社各々違っていて、FX売買で収入を手にするためには、買いのレートと売り...

NO IMAGE

海外FX事情|レバレッジがあるので…。

FXに取り組む際の個人に許されたレバレッジ倍率は、以前までは最高が50倍だったことを考えると、「現代の最高25倍は低すぎる」とおっしゃる方を目にするのも当然と言えば当然ですが、25倍であろうとも満足な利益を得ることができます。レバレッジがあるので、証拠金が少ないとしてもその額の25倍までの「売り・買い」を行なうことが可能で、多額の利益も期待できますが、その裏返しでリスクも高まるので、絶対に無理することなくレバレッジ設定してください。スプレッドと申しますのは外貨の購入時と売却時の価格差のことで、FX会社にとっては利益になる売買手数料の一種で、FX会社各々が独自にスプレッド幅を導入しているのです。...

NO IMAGE

海外FX事情|システムトレードというのは…。

テクニカル分析のやり方としては、大きく分けて2通りあると言うことができます。チャートとして表示された内容を「人間が自分自身の判断のもと分析する」というものと、「分析プログラムがある意味強引に分析する」というものになります。FX取引のやり方も諸々ありますが、最も人気のある取引スタイルだと思われるのが「デイトレード」になります。1日毎に確保することができる利益をキッチリ押さえるというのが、このトレードスタイルです。デモトレードをするのは、ほぼFXビギナーだと想定されますが、FXの熟練者も率先してデモトレードを利用することがあると聞いています。例えば新たに考えた手法のトライアルの為です。スイングトレ...

NO IMAGE

海外FX事情|スイングトレードで収益を得るには…。

FXを行なう時に、国外の通貨を日本円で買うと、金利差によるスワップポイントが付与されますが、高い金利設定の通貨で低い通貨を買いますと、お察しの通りスワップポイントを払うことになります。例えば1円の値動きだとしましても、レバレッジ1倍なら1万円の損益になりますが、10倍の場合は10万円の損益ということになります。詰まるところ「レバレッジが高倍率になるほど被害を受ける確率も高くなってしまう」と考えられるわけです。申し込みをする場合は、FX業者のオフィシャルサイトのgemforexアカウント開設ページを介して15分~20分くらいでできるでしょう。申し込みフォームに入力した後、必要書類をFAXなどを使...