海外FX事情FX投稿一覧

NO IMAGE

海外FX事情|FX会社と申しますのは…。

「仕事柄、日中にチャートをチェックすることは困難だ」、「為替にも関係する経済指標などを適時適切に確認することができない」と思われている方でも、スイングトレードだったら全然心配無用です。FXで収入を得たいなら、FX会社を海外FX比較人気ランキングで比較検証することが必要不可欠で、その上であなたにフィットする会社を見つけることが求められます。このFX会社を海外FX比較人気ランキングで比較検証する場合に留意すべきポイントを詳述しようと思っております。本WEBページでは、手数料やスプレッドなどをプラスした実質コストにてFX会社を海外FX比較人気ランキングで比較検証した一覧表を確認いただくことができます...

NO IMAGE

海外FX事情|スキャルピングをやるなら…。

こちらのサイトでは、手数料であるとかスプレッドなどを加味した総コストでFX会社をFX比較優良業者人気ランキングで比較検討しております。当然コストというのは収益を圧迫しますから、十分に精査することが必須です。「FX会社それぞれが供しているサービスの内容を確認する時間が取れない」と仰る方も多くいらっしゃるでしょう。こんな方に利用して頂こうと、それぞれのサービス内容でFX会社をFX比較優良業者人気ランキングで比較検討しております。MT4で利用できる自動取引プログラム(EA)のプログラマーは世界中に存在しており、現実の運用状況ないしは感想などを参考にして、新規の自動売買ソフトを提供しようと競い合ってい...

NO IMAGE

海外FX事情|FX開始前に…。

私の主人はだいたいデイトレードで売買を行なっていたのですが、ここ1年くらい前からは、より大きな利益が望めるスイングトレードにて売買するようにしています。FX会社が得る利益はスプレッドを設定しているからなのですが、例を挙げればNZドルと日本円のトレードの場合、FX会社は顧客に対して、その2通貨間の購入時と売却時の為替レートを適用し、その差額を利益に計上します。システムトレードというのは、人間の心情であるとか判断が入り込まないようにするためのFX手法だとされますが、そのルールを企図するのは人になるので、そのルールがずっと有効に機能するということは考えられません。為替の方向性が顕著な時間帯を認識して...

NO IMAGE

海外FX事情|MT4にて稼働する自動トレードソフト(EA)の考案者は世界中のいろんな国に存在していて…。

TitanFXアカウント開設の申し込み手続きを完了して、審査に合格したら「ログインIDとパスワード」が簡易書留郵便などで届くというのが通例だと言えますが、一握りのFX会社はTELにて「必要事項確認」をしているとのことです。儲ける為には、為替レートが注文を入れた時点でのレートよりも良くなるまでジッとしていなければなりません。この状態を「ポジションを保有する」と表現するわけです。レバレッジと言いますのは、預け入れた証拠金を元本として、最高でその額の25倍の取り引きが認められるというシステムを指しています。例えて言いますと、50万円の証拠金で20倍のレバレッジをかけるということにすると、1000万円...

NO IMAGE

海外FX事情|テクニカル分析と言いますのは…。

テクニカル分析と言いますのは、為替の時系列的な値動きをチャートの形で記録し、更にはそのチャートをベースに、将来的な相場の動きを推測するという手法になります。これは、売買のタイミングを知る際に用いられます。デイトレードと呼ばれているものは、スキャルピングの売買の間隔をそれなりに長めにしたもので、現実的には数時間以上1日以内に手仕舞いをするトレードのことです。現実には、本番トレード環境とデモトレードの環境では、本番トレード環境の方が「一度のトレードあたり1ピップス程度収益が落ちる」と考えた方が正解だと考えます。為替の動きを予想する時に実施するのが、テクニカル分析とファンダメンタル分析ですが、より大...