海外FX事情FX投稿一覧

NO IMAGE

海外FX事情|MT4で動作する自動売買ソフト(EA)の製作者はいろんな国に存在しており…。

デモトレードと呼ばれているのは、仮想通貨でトレードに挑戦することを言うのです。500万円というような、あなた自身で指定したバーチャルなお金が入金されたデモ口座が持てるので、実際のトレードと同一環境で練習することができます。スイングトレードということになれば、短くても数日、長い時は数か月という売買になる為、デイリーのニュースなどをベースに、将来の経済情勢を推測し投資できるわけです。スキャルピングとは、数秒~数分で薄利をストックしていく超短期トレードのことで、チャートまたはテクニカル指標を活用して売り買いをするというものです。MT4をパーソナルコンピューターにセットして、インターネットに接続させた...

NO IMAGE

海外FX事情|MT4にて稼働する自動売買プログラム(略称:EA)の考案者は各国に存在していて…。

買いと売りの両ポジションを一緒に有すると、為替がどちらに振れても収益を得ることが可能ではありますが、リスク管理の点では2倍気配りをする必要があると言えます。デイトレードとは、スキャルピングの売りと買いの間隔を更に長めにしたもので、実際的には2~3時間から24時間以内に売買を完結させてしまうトレードだとされます。デモトレードと称されているのは、仮想の通貨でトレードを体験することを言います。30万円など、あなたが決めた架空のお金が入ったデモ口座を開くことができ、現実のトレードの雰囲気で練習ができます。FX開始前に、さしあたってXMTRADINGアカウント登録をしてしまおうと思うのだけど、「どんな順...

NO IMAGE

海外FX事情|日本の銀行より海外の銀行金利の方が高いということがあって…。

初回入金額と言いますのは、FX口座開設が終わった後に入金すべき最低必要金額を指します。金額設定のない会社も見かけますし、50000とか100000円以上というような金額指定をしているところも少なくないです。為替の動きを予想する時に不可欠なのが、ファンダメンタル分析とテクニカル分析ですが、より大切だと指摘されているのは「チャートを解析して、直近の為替の方向性を予測する」テクニカル分析の方だと断言します。トレードをする1日の内で、為替が大幅に変動する機会を見極めて取引するのがデイトレードになります。スワップ収入を意識するのではなく、1日の中でトレードを繰り返して、賢く収益をあげるというトレード法だ...

NO IMAGE

海外FX事情|FXをやる上での個人に向けたレバレッジ倍率は…。

それぞれのFX会社が仮想通貨を利用しても仮想トレード(デモトレード)環境を設けています。ご自分のお金を使わずにデモトレード(トレード体験)ができますので、率先して試していただきたいです。FXをやる上での個人に向けたレバレッジ倍率は、前は最高が50倍だったことを思いますと、「現段階での最高25倍は高くない」と考えている方を目にするのも理解できますが、25倍であってもきちんと利益をあげることはできます。FX取引を行なう際には、あたかも「てこ」の様に僅かな証拠金で、最高で25倍という取り引きが認められており、証拠金と実際の取り引き金額の割合を「レバレッジ」という名で呼んでいます。為替の流れも見えてい...

NO IMAGE

海外FX事情|テクニカル分析をやる場合は…。

MT4というものは、プレステやファミコン等の機器と同じようなもので、本体にプログラムされたソフトを挿入することによって、ようやくFX取引をスタートさせることができるようになります。レバレッジと申しますのは、FXを行なう上で常に使用されているシステムだとされていますが、投下できる資金以上の取り引きが行なえますので、小さな額の証拠金で大きな儲けを出すこともできなくはないのです。スプレッドと言いますのは外貨の売買価格の差のことで、FX会社の利益となる売買手数料と同様なものですが、それぞれの会社の経営戦略に従って独自にスプレッド幅を決定しているのです。FX取引を展開する中で出てくるスワップと言いますの...