海外FX事情FX投稿一覧

NO IMAGE

海外FX事情|テクニカル分析を実施するという時のやり方としては…。

私の知人はほとんどデイトレードで取り引きをやっていましたが、ここに来てより収益が望めるスイングトレード手法にて売買するようにしています。日本と比べて、海外の銀行金利の方が高いという理由で、スワップ金利がもらえることになっています。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差というものが、FXをすることで付与されることになるスワップ金利です。高い金利の通貨だけをチョイスして、そのまま持ち続けることでスワップポイントが付与されるので、このスワップポイントをもらおうとFXに取り組む人も多いようです。「デモトレードをやったところで、現実に損失が出ることがないので、メンタル的な経験を積むことは100%無理...

NO IMAGE

海外FX事情|レバレッジというものは…。

MT4専用の自動トレードソフト(EA)の考案者は世界中のいろんな国に存在しており、現在のEAの運用状況やユーザーの評価などを意識して、より便利な自動売買ソフトの開発に努力しています。FXをやっていく上で、海外で流通している通貨を日本円で買うと、金利差に該当するスワップポイントが与えられることになりますが、金利が高く設定されている通貨で低い通貨を買うという場合は、まったく逆でスワップポイントを支払う必要が出てくるわけです。FXを始めるつもりなら、取り敢えずやっていただきたいのが、FX会社をFX比較優良業者人気ランキングで比較検討して自身にピッタリ合うFX会社を決めることだと思います。FX比較優良...

NO IMAGE

海外FX事情|スワップというものは…。

スワップというものは、「売り・買い」の対象となる2つの通貨の金利の違いによりもらうことが可能な利益というわけです。金額の点で言うと僅少ですが、ポジションを保有している間貰えますので、悪くない利益ではないでしょうか?テクニカル分析と称されているのは、為替の時系列的な値動きをチャート型式で示して、更にはそのチャートをベースに、その先の相場の値動きを予想するという方法です。これは、売買のタイミングを知る際に有効です。スプレッドと呼ばれるものは、FX会社により大きく異なり、ユーザーがFXで収入を得るためには、買い値と売り値の価格差が僅少なほど有利だと言えますから、その部分を加味してFX会社をチョイスす...

NO IMAGE

海外FX事情|5000米ドルを購入して保有している状態のことを…。

XMTRADINGアカウント登録が済めば、本当にFXのトレードを開始しなくてもチャートなどを確認することができるので、「先ずはFXについていろいろ習得したい」などとおっしゃる方も、開設された方が良いでしょう。トレードに関しましては、丸々システマティックに完結してしまうシステムトレードではありますが、システムの最適化は時折行なうことが大事で、その為には相場観を修得することが絶対必要です。申し込みについては、業者が開設している専用HPのXMTRADINGアカウント登録ページを通じて15~20分ほどの時間でできると思います。申込フォームへの入力が完了しましたら、必要書類をメールとかFAXなどを使用し...

NO IMAGE

海外FX事情|トレードの方法として…。

FX会社は1社1社特徴があり、メリットもあればデメリットもあるのが常識なので、始めたばかりの人は、「どういったFX業者でgemforexアカウント開設するのが正解なのか?」などと頭を悩ますだろうと考えます。「FX会社毎に提供するサービスの内容を確かめる時間が確保できない」と仰る方も多くいらっしゃるでしょう。それらの方に利用して頂くために、それぞれのサービスの中身でFX会社をgemforexアカウント開設比較格付けランキングで比較しました。トレードの方法として、「値が上下どちらか一方向に動くほんの数秒から数分の時間内に、ちょっとでもいいから利益を何が何でも掴みとろう」というのがスキャルピングとい...