[PR]レバレッジ最高888倍の支持率ナンバーワンはXM

詳しいXM口座開設方法の解説は→こちら

海外FX事情|「デモトレードにトライしてみて儲けられた」と言っても…。

FX取引の場合は、まるで「てこ」のように僅かな額の証拠金で、その額の何倍という取り引きが可能だというルールがあり、証拠金と実際の取り引き金額の倍率を「レバレッジ」と呼ぶのです。
FXで使われるポジションと申しますのは、最低限の証拠金を口座に入金して、香港ドル/円などの通貨ペアを売ったり買ったりすることを言うわけです。余談ですが、外貨預金にはポジションという概念は見当りません。
申し込みをする場合は、FX会社のオフィシャルサイトのTitanFXアカウント開設ページを通じて15分~20分くらいでできるはずです。申込フォームの必要事項を埋めた後、必要書類をFAXやメールなどを利用して送付し審査をしてもらうわけです。
FX会社の多くが仮想通貨を使ったデモトレード(トレード練習)環境を提供してくれています。ご自身のお金を使わないで仮想トレード(デモトレード)ができますから、兎にも角にもトライしてみてください。
テクニカル分析というのは、相場の時系列的な動きをチャートの形で記録し、更にはそのチャートを参考に、それからの相場の値動きを読み解くというものです。これは、売買のタイミングを知る際に役に立ちます。

スキャルピングとは、僅かな時間でわずかな収益をゲットしていく超短期取引のことで、テクニカル指標であったりチャートを基に「売り・買い」するというものなのです。
スワップポイントというのは、「金利の差額」であると思っていただいていいですが、現に受け取れるスワップポイントは、FX会社に徴収される手数料を差し引いた金額になります。
チャートの時系列的動向を分析して、買い時と売り時の決定を下すことをテクニカル分析と呼ぶのですが、このテクニカル分析さえできるようになれば、売買すべきタイミングを間違うこともグッと減ることになります。
デモトレードを行なうのは、主としてFX初心者の方だと思われるかもしれませんが、FXの熟練者も時々デモトレードを行なうことがあります。例えば新しいトレード手法の検証の為です。
取り引きについては、全てオートマチカルに実施されるシステムトレードではありますが、システムの検証は一定間隔で行なうことが大切で、その為には相場観を持つことが絶対必要です。

「デモトレードにトライしてみて儲けられた」と言っても、現実の上でのリアルトレードで儲けを出せるという保証は全くありません。デモトレードを行なう場合は、やはりゲーム感覚を拭い去れません。
FXビギナーだと言うなら、分かるはずがないと思われるテクニカル分析ではありますが、チャートの根幹をなすパターンさえ自分のものにしてしまえば、値動きの推測が圧倒的に容易になります。
デイトレードと呼ばれているものは、スキャルピングの売買のタイミングを若干長くしたもので、総じて1~2時間から1日以内に売買を完結させてしまうトレードのことなのです。
レバレッジというのは、納付した証拠金を元にして、最高でその25倍の「売り買い」ができるという仕組みを言っています。例を挙げますと、50万円の証拠金でもって20倍のレバレッジをかけるとすると、1000万円相当の「売り・買い」ができるわけです。
スイングトレードならば、数日~数週間、長期ということになると何カ月にも及ぶといった売買手法になるので、連日放送されているニュースなどを見ながら、その先の世界情勢を予測し投資することができるというわけです。

海外FX 人気優良業者ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする