[PR]レバレッジ最高888倍の支持率ナンバーワンはXM

詳しいXM口座開設方法の解説は→こちら

海外FX事情|テクニカル分析と言いますのは…。

海外FX ボーナスキャンペーン情報

テクニカル分析と言いますのは、為替の時系列的な値動きをチャートの形で記録し、更にはそのチャートをベースに、将来的な相場の動きを推測するという手法になります。これは、売買のタイミングを知る際に用いられます。
デイトレードと呼ばれているものは、スキャルピングの売買の間隔をそれなりに長めにしたもので、現実的には数時間以上1日以内に手仕舞いをするトレードのことです。
現実には、本番トレード環境とデモトレードの環境では、本番トレード環境の方が「一度のトレードあたり1ピップス程度収益が落ちる」と考えた方が正解だと考えます。
為替の動きを予想する時に実施するのが、テクニカル分析とファンダメンタル分析ですが、より大事なのは「チャートを見て、近い将来の為替変動を予想する」テクニカル分析だと言えます。
デイトレードとは、丸々24時間ポジションを維持するというトレードをイメージされるかもしれませんが、実際はNY市場が手仕舞いされる前に決済を完了させてしまうというトレードのことを言います。

FXに関しましては、「外貨を売る」ということから取引を開始することもできるわけですが、このように外貨を保持せずに「外貨を売却した状態」のことも、「ポジションを持っている」と言われます。
「デモトレードを行なってみて儲けることができた」と言われましても、本当のリアルトレードで儲けを生み出すことができるかは全くの別問題だと思います。デモトレードと申しますのは、どう頑張っても娯楽感覚になることが否めません。
日本と比べて、海外の銀行の金利が高いという理由から、スワップ金利が与えられるというわけです。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差が、FXに取り組むと付与してもらえるスワップ金利なのです。
FXにおける売買は、「ポジションを建てて決済する」を反復することだと言えます。単純なことのように思えるでしょうが、ポジションを建てるタイミングもしくは決済を実施するタイミングは、とっても難しいという感想を持つでしょう。
スキャルピングとは、僅かな時間で極少利益をストックしていく超短期トレードのことで、チャートあるいはテクニカル指標を分析しながら投資をするというものです。

例えば1円の値動きだとしても、レバレッジ1倍なら1万円の損益になりますが、10倍ならば10万円の損益なのです。簡単に言うと「レバレッジが高ければ高いほどリスクも大きくなってしまう」ということなのです。
テクニカル分析において欠かすことができないことは、とにかくあなたの考えに適したチャートを見つけることだと言っていいでしょう。そしてそれを繰り返すことにより、あなたオリジナルの売買法則を構築することが重要だと思います。
スキャルピングという方法は、意外と想定しやすい中期から長期に亘る経済的な指標などは考慮しないで、勝つか負けるかわからない勝負を即座に、かつ限りなく継続するというようなものではないでしょうか?
証拠金を振り込んでいずれかの国の通貨を購入し、そのまま所有し続けていることを「ポジションを持つ」と言うのです。逆に、保有している通貨を売却してしまうことを「ポジションの解消」と言っています。
FXに関しましてリサーチしていくと、MT4という文字を目にすると思います。MT4と申しますのは、利用料なしで使うことができるFXソフトの名称で、使い勝手の良いチャートや自動売買機能が付いているトレードツールのことなのです。

海外FX 比較サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする